壬生医院

0743-85-6680

(受付時間:9:00〜12:30 / 17:00〜19:30)

人工透析

Dialysis

透析センター8つの特徴

1

血液透析は、1回の治療で約120~150リットルもの透析液を使用します。透析液はダイアライザーを介して直接血液と接しています。

透析液が細菌やエンドトキシンと呼ばれる毒素に汚染されていると動脈硬化症やアミロイドーシスなどの様々な合併症を引き起こします。

当院では日本透析学会の「透析液水質基準」にのっとり、透析液・透析液水質検査・確保を行っております。

2最先端のオンラインHDF

当院では通常の血液透析のほかにオンラインHDFをすべてのベッドで行うことができます。オンラインHDFとは血液透析に加えて「濾過」も行う治療法で、清浄化された透析液を使用し、通常の血液透析よりも大きな毒素まで取り除くことができます。

<オンラインHDFで期待できる臨床効果>

  • 透析アミロイド症の発症や進展の抑制
  • イライラ感、下肢のむずむず感などの改善
  • 腎性貧血の改善
  • 栄養状態の改善
  • 透析中の血圧安定

3透析専用空調

患者さまに直接気流がかからない空調システムと空気清浄除菌脱臭装置を整え、快適な透析時間が過ごせる環境をご用意しています。

4Wi-Fi完備

患者様にご利用いただくスペースはWi-Fi完備となっています。

5テレビ完備

全ベッドにTV完備しています。長時間でもリラックスして過ごしていただけます。

6ラウンジ

透析後のご休憩にはソファとテーブル、テレビを備えた、ゆったりとした空間ラウンジをご利用ください。

7送迎サービスあり

ご自宅から当院までの無料送迎サービスを行っています。

※介護度によっては、送迎サービスをお受けできない場合があります。詳しくは当院までお問い合わせください。

8シャントトラブルに対応

透析患者さんにおいて、いかにシャントを長持ちさせるかが透析生活の質に大きく関わります。当院ではシャントトラブルに対し、シャント造設術に加え経皮的血管内治療(PTA)を積極的に行っています。